日々新たなり

神霊教の活動を紹介するBlogです。

教祖様御生誕祭が執り行われる 【5月4日】

5月3日に引き続き4日、教祖様御生誕祭・奉祝行事第2部と第3部が執り行われました。
5月3日の様子はこちらから ⇒ 平成28年教祖様御生誕祭【5月3日】

太鼓

3日の深夜から4日の朝に掛けての暴風雨がうその様に晴れ渡り、
雲ひとつない澄み切った晴天となりました。

晴天2

晴天1

午前中の奉祝行事・第2部では、神霊教で人生を救われた信者による体験発表が行われました。

体験発表

病気や仕事の悩み、家族を救われた信者と、仕事で信じられないような大きなお陰を賜った信者の発表に、大きな拍手が起こりました。

午後からは奉祝行事・第3部が行われ、3日に引き続き、全国の信者による芸能の奉納が行われました。

奉祝芸能1:奉祝太鼓(名古屋)

奉祝芸能6:千葉1

奉祝芸能7:城南

奉祝芸能8:大阪2

奉祝芸能9:多摩一

また、お囃子に合わせて信者全員による阿波踊りが奉納されました。

奉祝芸能11:阿波踊り1

こうして、平成28年教祖様御生誕祭は、滞りなくおさめられました。

神霊教では、あらゆる悩みが救われると同時に、人間がどのように生きていけばよいのか、
正しく、かつ楽しく生きていくための道を示しています。

信者一人ひとりが、教祖・大塚寛一先生の教えに従って、
さまざまな苦悩・苦境から救われた体験者たちであります。

お問い合わせはこちらから ⇒ 神霊教HP

教祖様御生誕祭が執り行われる 【5月3日】

5月3日・4日、神霊教の聖地・万寿山(東京都あきる野市)にて、
教祖様御生誕祭が執り行われました。
来年、平成29年には、神霊教は開教70周年を迎えます。

御神輿

3日は、御式典と奉祝行事・第1部と奉祝花火大会が開催されました。
御生誕祭は、神霊教の行事の中でも最も大切で最大の行事です。

こいのぼり

 
提灯

全国各地から大勢の信者が万寿山に参集しました。

参道2

御神水2

お清め3

参道1

午前中はバザーが開催され、信者はうどんやカレー、おにぎり、サンドイッチなどの昼食をいただきました。
また、全国各地の土産物や、地元・あきる野市菅生の特産品が販売されました。


バザー3

バザー2

バザー5

バザー1

バザー6

午後からの厳かな御式典のあとには奉祝行事・第一部行われました。
鏡開きも行われ、信者に樽酒が振舞われました。
 

奉祝芸能1:鏡開き

そして、全国の信者がこの日のために練習してきた芸能を奉納しました。

奉祝芸能3:御神輿3

奉祝芸能6:静岡

奉祝芸能7:城西2

奉祝芸能9:さくらさくら(青年女子)2

芸能の後、夜には盛大な奉祝花火大会が開催されました。
この奉祝花火大会は、戦後間もない頃、自信を失っていた日本人に“日本のこころ”を取り戻そうと、教祖である大塚寛一先生が始めました。

花火2

花火4

花火1

花火3

色とりどりの花火が次々と打ち上げられ、夜空を彩りました。
⇒ 5月4日へ

本部教会 呈茶・相談会開催

4月10日、神霊教本部教会にて、呈茶・相談会が開催されました。
このイベントは、神霊教のことについて詳しく知りたいという方のために開催されました。

teicha8

今回のイベントでは、信者有志による野点も同時に開催され、
本部教会の境内の一部を解放し、来場者や通りがかりの人にお茶が振舞われました。

teicha1

teicha2

神霊教では、信者有志による奉仕の集いや、サークル活動があります。
茶道教室もそのひとつです。

呈茶を楽しんだ後は室内へ移動し、3月21日に開催された銀座でのイベントの映像の上映と、
神霊教についてのビデオ映像が上映されました。

teicha6

teicha7

来場者は、神霊教について様々な質問を投げかけ、理解を深めていました。
談笑が絶えないイベントとなりました。

明けゆく世界大行進in新宿

3月26日、明けゆく世界大行進が新宿で行われました。

 koushin_shinjuku5
koushin_shinjuku6

koushin_shinjuku1

koushin_shinjuku2

「祝日には日の丸を掲げよう」「日本精神に目覚めよう」「憲法改正」などが
書かれたプラカードと横断幕を持ち、新宿駅西口の前や南口の前などを進みました。

koushin_shinjuku4

koushin_shinjuku3

この日の新宿は午前中まで曇りでしたが、開催時間になると日が射してきました。
歩くにはちょうど良い気温の中、鼓笛隊の先導で教団旗と日の丸を掲げ、新宿の街を歩きました。

記事検索
アーカイブス
プロフィール